SESEBLO

Unity, Clip Studio, etc.

iPad Pro 2018 12.9インチ を買った && フィルムとかケースとかの話

表題の通り、iPad Pro 2018 12.9インチを買った。

f:id:umeru:20181114000835j:plain

スペースグレイで、容量は1TB。
所有物のストレージランキングの中で、かなり上位に食い込んだ。完全に踊らされている。

自分は iPad Pro の 9.7 インチを持っていて、だから 10.5 インチが出たタイミングでは買い換える必要を感じなかった。

買っても違いが感じられないだろうと思ったし、なんなら(ほんとうにわずかに)小さいので、持ち回り的に有利な面もあると思った。

今回の発表も、11 インチの印象だけであれば、もしかしたら買わなかったかもしれない。多分買ったと思うけど(それくらいよい発表だった)

それでも買うことをある程度瞬断できたのは、12.9 インチが格段に小さく、軽くなっていたからだった。
Air が重くなっていたから余計にかもしれない。

それは置いておいても。 あのでかくて、ばかみたいにでかくて、殿上人以外を突き放していた、ある種もっとも Apple らしいプロダクトだった iPad Pro 12.9 インチが、今回なんと、一般人の手に降りてきた。
殿上人は 11 インチと同じような発展を望むに決まっているが、そうはならなかった。

出たのは小さく、軽く、一般人にも扱えるサイズになった 12.9 だった。

9.7 -> 10.5 とか、9.7 -> 11 とかに、人を動かすだけの力はない。
それでも。 9.7 -> 12.9 には、それがある。
iPad Pro をはじめて手にした時の感情が、もう一度体験できる。

だから。発表を見て 11 インチでも 12.9 インチでも、ちょっとでも欲しいなと思った人は、店頭で見ることをおすすめする。
そして、12.9 インチを買うことをおすすめする。

前の端末を持っていても、持っていなくても、今回は等しく喜べると思う。
完全に買い時だと思う。

ちなみにこれは余談だけど、1TB にしてもなんかのアプリを使っているときに落ちたので、そこ(RAM)の差は体感多分そんなに変わらないんじゃないかなと思う。

そんなしょうもないところで今回を逃すのはだいぶおしい。
そういうことはやめてほしかった。瑕。

まあ、それはいい。よくないけど。
いい端末なので、お布施だと思って1TBを買うのが精神安定上よい。よくないけど。

だいぶ前置きポエムが長くなったけど。
今回は端末の運用についてどうしようと思っているか、どうしているかを書きたい。 発売日〜むこう半年くらいを想定している。

ちなみに、イラスト関連の使用感なんかは、冬の某イベントが終わって、気力があったら書こうと思う。

ぱっと一言書いておくなら、使用感はすこぶる良いです。

保護シートについて

今まで、液晶のある端末を買った場合には問答無用で貼っていた。

が、今回保護シートの評判があまりよくない。 もしかしたら、端末が出たてのときはいつもそうなのかもしれないけど。

具体的には、上まで覆うタイプのフィルムで、 Face ID の認証精度が落ちるとか。

こすれば大丈夫、という話もあるみたいだけど、現状様子見した方がいい感じ。

また、今回の端末は、確実に画面の綺麗さ、繊細さを維持して運用するべきだ。

イラストを描くからといってペーパーライクフィルムを貼ったり、
滑りの良さのためにアンチグレアのフィルムを貼ったり、といった選択肢は絶対にない。

なんのために買っているかわからなくなるので、やめた方がいい(個人的な意見ではあるが)。

となると、上まで覆わない、かつ光沢のフィルムになるわけだけど、まだ数が少ない。
(↓とか?)

というわけで、現状は様子を見るのがいいと思う。

なんなら貼らない運用でもいいかもしれない。

現状貼らない運用だが、これが長引けば長引くほど、貼る運用に移行できない気がしている。
やはり裸はよい。

ケースについて

ケースについてもフィルム同様、出たばかりなので数がない。

公式のやつは個人的には無い。

そもそも今回のよいところが、薄い、軽い、という部分なのに、それらを完全に殺すヤバいアイテムである。
逆に言えば、その辺が許容できそうならそれでいいのだと思うが。

そういうわけなので、そもそも常時つけているタイプのケースは不要、というかつけられない。

家で使う分には裸のリスクも低いので、それでいい(ことにする)。

となると問題は外に持ち出す時で、さすがに裸のまま外出は……となる。

そこで必要となるのが、いわゆるスリーブケースというタイプのケースだ。
MacBook だと封筒型とかがあるやつ。

と、方針自体はそれでいいのだが、やっぱりそれもものがない。

とはいえスリーブケース自体は、別に専用のものである必要はない。サイズさえ合っていればいいのだ。

汎用のものだったり、別端末向けのものだったりで数はあるので、iPad Pro 12.9 インチ(ペンシル付き)に最適なものを探すことにした。

スリーブケースについて

結論からいってしまうと、内径(実際にものを入れる空間のサイズ)がW300mm x H230~250mmくらいのものがジャストサイズである。

具体的にはこれ↓

これの内径が W300×H230mm で、完全にジャストフィット。
なので、ペンシル側の辺に若干の余裕をもたせたいのなら、+20mmくらいがいいのかな、といった感じ。

これは購入済み。実際に入れたところが↓

f:id:umeru:20181114005853j:plain

で、ぴったり。

ただ、サイズ感はいいが、もの自体の質はあまりよくはないので、もっといいのがあれば乗り換えたい。

見つけたら教えて欲しい。

まとめ

iPad Pro 2018 12.9インチを買った。

ものがいいのでみんな買った方がいい。

フィルムはよっぽど気にならなければ現状貼らない方がいい。

常在型ケースは薄さと軽さがそこなわれてもいい人だけつければいい、大体の人間はつけない方がいい。

スリーブケースは W300mm x H230~250mm のものを探すのがいい。

思考停止したいなら Digio2 タブレットケース 10インチ ブラック 49966 を買っておけばとりあえずいい。

なにかいいケースを見つけたら教えて欲しい。

ものがほんとうにいいのでみんな買った方がいい。

くらいか。

それではまた、実践編でお会いしましょう。

終わり。